Pスーパー海物語 IN 沖縄5 止め打ち 捻り打ち

Pスーパー海物語 IN 沖縄5の大当たり中や電サポ時の止め打ちについての記事です。

実戦時に役立ててください。

 

大当たり中の止め打ち

・簡易版
アタッカーに6個入賞後止め
(打ちっぱでもOK)

 

・左右打ち
5個入賞後右に2個打つ

 

・逆捻り(固め打ち)
5個入賞後弱めで3個打つ

 

電サポ中の止め打ち

・簡易版
電チューが開いたら4個打つ

 

・逆捻り

電チューが開いたら①に1個、②に3~4個打つ

 

・ポイント
基本的に止め打ちすると、打ちっ放しと比べると電チュー1開放につき、1個打ち出しが少ないことからスルーが悪い調整の場合は電サポが止まってしまう事が多いようでした。

スルーが悪いときには、打ち出す玉数を調整するといいです、個人的にはスルーの保留が貯まってる時は4個、溜まっていない時は打ちっ放しで逆捻りといった感じで打っています。

 

渡り釘は重要

電チューに玉が入りにく台の原因は道釘の下の渡り釘が悪いことが多いようでした。

渡り釘は結構重要な釘とうい事を覚えておくと今後役に立つと思います。

 

大当たり中の出玉に影響してくるばかりか、電サポ中にも玉が減ってしまうので

通常回転中にでも確認した方が、当たってから後悔しないためにもいいです。

 

保留玉消化止め

いざ大当たりしたはいいけど、電サポ中に玉が減ってしまう事は多々多い感じがします。

ここで保留消化止めをすることによって出玉の減りを最小限に抑えることが可能となります。

例えば保留が8個貯まった状態でスルーの保留が途切れてしまった場合はメインデジタルの保留を全て消化してから、再度打つって感じです、後は繰り返す。

8個の保留を消化するときは玉を打ち出さないので、この間の玉を減らさずに打つ事が可能となります。

※電チューとヘソの振り分けが一緒の台に限ります。

スポンサー リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ