P頭文字D|止め打ち ボーダー スペック

 

P頭文字Dの止め打ち方法やボーダーについての記事です。

実戦時に参考にしてください。

 

止め打ち手順

大当り中

調査中

 

電サポ中

▼打ち方
電チューが閉じたら1〜2個を繰り返す。
リーチ中は止める。

本機は無駄玉が派生しやすいので止め打ちは必要です。

 

スペック

タイプ  ライトミドル 
メーカー サミー
 

大当り確率

1/256
高確率時 1/27.2
カウント  6C×賞球15個
突入率  ヘソ=1%
電チュー=100%
ST回数  70回
継続率  93%
平均出玉 10R=約840個

6R=約504個

4R=約336個

3R=約252個

2R=約168個

 

大当り振り分け

ヘソ
3R確変(ST70回)=1%

3R通常(時短65535回)=13%

3R通常(時短200回)=42%

3R通常(時短100回)=44%

電チュー
10R確変(ST70回)=25%

6R確変(ST70回)=25%

4R確変(ST70回)=25%

2R確変(ST70回)=25%

 

ボーダーライン

換金率 ボーダー
2.5  24
3.0  21.4
3.3  20.3
3.57  19.5
4.0  18.2

 

スポンサー リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ