CR渡る世間は鬼ばかり|保留・演出【予告 リーチ】信頼度

(C)TBS (C)Sammy

CR渡る世間は鬼ばかりの保留や演出情報の記事です。

国民的で誰もが知るドラマのパチンコ台が登場です。

本機の特徴は「新感覚、相続システムのリーチ」「確変中、鬼たちとのバトル対決」「激怒般若のギミック」が見どころです

また天童よしみが歌う曲も9曲ありますので注目してみてください(^^♪

実戦時には参考にしてみてください!

 

本記事では

保留変化

予告演出

リーチ演出

について書いています。


スポンサー リンク


本記事が参考になりましたら幸いです(^^♪

保留演出信頼度

保留変化
内容 信頼度
保留変化はキャラの色によって期待度が変化します。

赤以上で期待できそうです。

予告演出信頼度

いびりZONE
内容 信頼度
トータル期待度
「いびりますか…」の声で発生チャンス「はい」が選択されればいびりゾーン発展です。

いびり警報とともに、連続でいびられれば期待度アップ!

右下の数字(怒り玉)が0になる前に、数字が追加されれば連続となります。

超いびりZONE
内容 信頼度
トータル期待度
上記で紹介した、いびりゾーンの上位バージョンとなります。

背景が金色っぽく変化し、大当たりに期待できます。

怒り玉予告
右上に「怒り玉」が出現でチャンス!

爆発後に相続など様々が演出で期待させてくれそうです。

渡る世間は鬼ばかりチャンス
リーチライン 信頼度
×1
×2
×3
液晶で「渡・世・鬼」が止まれば発展のチャンスです。

ボタン押しで発展先やリーチラインを決定。

道理がないだろカットイン
内容 信頼度
トータル期待度
カットインが発生でチャンス!?

発生タイミングは様々あり、セリフの内容によって期待度が変化となります。

五月or大吉群予告
内容 信頼度
五月or大吉群
橋田壽賀子群
怒り玉が爆発などの後に発生のチャンス。

斜め右上がら左し下に群が発生すると激アツの瞬間です。

群には更に期待できる(上位版)ものもあるようです。

キリン柄予告
内容 信頼度
トータル期待度
お馴染みのメーカー柄となる激アツ予告です。

発生するタイミングは様々あり、どのタイミングで発生しても多いに期待できます。

スポンサー リンク

リーチ演出信頼度

2Dキャラリーチ(幸楽系)
内容 信頼度
キミリーチ
邦子・久子リーチ
聖子リーチ
眞・愛リーチ
弱系リーチとなり、鬼SPへの発展に期待となりそうです。
2Dキャラリーチ(岡倉系)
内容 信頼度
弥生リーチ
文子リーチ
葉子リーチ
長子リーチ
同じくこちらのリーチも弱系となり鬼SPへの発展に期待です。
円満チャレンジ
通常時や、2Dリーチハズレ後に発展のチャンス。

ボタン連打で5キャラ全員集合を目指します。

鬼SPリーチ
内容 信頼度
愛の告白
聖子の土下座
勇の決断
幸楽の後継者
五月の家出
誕生日、幸楽編
誕生日、岡倉編
本機のメインともいえるSPリーチは7パターンありSP内容によって期待度が変化となります。

土下座や告白など様々な展開がくり広げられる見どころ満載リーチですね。

岡倉大吉リーチ
内容 信頼度
トータル期待度
本機最強ともいえるリーチです、8ラインで構成されていて発展時は「激怒般若ギミック」がド派手に発動します。

確変中の演出

超幸楽モード
福ZONE
超寿大当りに期待が持てる激アツのZONEとなります。
鬼ZONE
鬼ゾーン中にリーチがかかれば大当たりに期待できます。
助っ人出現率上昇ZONE
助っ人が出現しやすく大当りにも期待が持てるようです。

上位版の「W助っ人出現率上昇ZONE」もあり更に期待度アップ!

助っ人=姑バトルが有利

改心チャンス
キミが改心すれば大当り、改心チャンスは3回あります。
姑バトル
内容 信頼度
キミ
久子
邦子
聖子
助っ人 期待度アップ
確変中は本リーチがメインとなります。

五月が鬼たちと対決、期待度は

キミ < 久子 < 邦子 < 聖子の通りです。

 

助っ人が出現で期待度がアップします「橋田壽賀子先生」が出現で期待度大幅アップ!!

大当り詳細

大当り
内容 恩恵
大当たり 9R通常(昇格あり)
寿大当り 4R確変(昇格あり)
超寿大当り 16R確変
大当たり図柄によって、ラウンド数が決まります。

大当たり以外は確変が確定していて、大当たりでもラウンド中の昇格演出によって確変変化する場合があります。

ブログランキングに参加しています、応援していただけると励みになりますm(__)m

パチンコ・パチスロ ブログランキングへ

 

よろしければこちらもm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

CR渡る世間は鬼ばかり|保留・演出【予告 リーチ】信頼度の記事でした。


スポンサー リンク


スポンサー リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ